ニコニコハイウェイ
徳島ヴォルティスを応援するブログです。 コメント、トラバ大歓迎。 ただし荒らし、いたずら、煽り、荒らしの類は勘弁。
Profile

Tada4roh

Author:Tada4roh
徳島ヴォルティスを応援しましょう!



Counter

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」



Search



Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Recent Entries



Recent Comments



Recent Trackbscks



Archives



Categories



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSS Feeds



Links

このブログをリンクに追加する



J.B.Antenna-徳島



J2対戦表



Weather Forecast


-天気予報コム- -FC2-



Affiliates









Amazon



Weblio

Weblio|辞書<国語辞典・IT用語・人名辞典>



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Weather Pixie

The WeatherPixie



Blogpet



Infoseek Ticker



Moon

Click for Tokushima, Japan Forecast



QR Code

QRコード



goo

goo



Yahoo!

Yahoo! JAPAN


spc



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦前夜
明日は鳴門で四国ダービー2回戦。
第一クールの泥沼連敗は四国ダービーでの敗戦から始まっただけに、
キッチリ借りを返しておきたいところ。
「明日はヴォルティス応援に専心できる」ので、腹をくくって
鳴門に出向いてきます。

絶対に勝つ!

テーマ:徳島ヴォルティス - ジャンル:スポーツ

グループリーグ最終節
グループG
スイス - 韓国
トーゴ -フランス

グループH
ウクライナ - チュニジア
サウジアラビア - スペイン

この4試合でグループリーグ全試合は終了。
明日から決勝T一回戦が始まります。

グループHはスペインの首位通過が濃厚。
グループGがわからないですが
(ここまで2分のフランスは勝てなければグループリーグ敗退)

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

日本終戦
チェコ 0-2 イタリア
ガーナ 2-1 USA
クロアチア 2-2 オーストラリア
日本 1-4 ブラジル

チェコは試合開始早々はネドベドを中心に猛襲を見せたものの、以後は
イタリアペース。交代出場した選手が揃って得点を挙げ2-0で完勝
チェコは開幕のUSA戦を圧勝した試合を見てイケル!と思ったのですが
(世代交代に失敗したか?)
ガーナは前半に先制。前半終了間際にUSAが同点に追い上げるも
その前半ロスタイムにガーナが勝ち越しゴールを決め
後半はUSAが力押しを仕掛けるもゴールを割れず、またガーナも
カウンターを決められず、そのままタイムアップ。
グループE最終順位
1・イタリア 2・ガーナ 3・チェコ 4・USA

クロアチアとオーストラリアの一戦は試合開始早々にクロアチアが先制。
前半にオーストラリアが同点に追いつき、後半へ
後半も11分すぎにコバチが勝ち越し点を決めましたが、
後半残り10分となったところで、キューウェルが再び同点に戻し、引き分け。

日本-ブラジル 「この試合だけ」で語ることはありません。
3戦全敗だったフランス大会よりも今回のドイツ大会が
惨敗という表現に「相応しい」と思います。
グループF最終順位
1・ブラジル 2・オーストラリア 3・クロアチア 4・日本

これにより決勝T1回戦は
イタリア(E1位) - オーストラリア(F2位)@カイザースラウテルン
ブラジル(F1位) - ガーナ(E2位)@ドルトムント
が決定。

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループCとD
コートジボアール 3-2 セルビアモンテネグロ
オランダ 0-0 アルゼンチン
イラン 1-1 アンゴラ
ポルトガル 2-1 メキシコ

コートジボアールは2点を先制されましたが、一気に3点を奪い返し大逆転勝利。
2010年大会に向けて大きなW杯初勝利。
敗れたセルビアモンテネグロはグループリーグ全敗。
<欧州予選突破の礎となった自慢の堅守は「死のグループ」で計10失点。

オランダ-アルゼンチンは両雄とも慎重になりすぎたのかスコアレスドロー。
勝ち点では並ぶも得失差で上回ったアルゼンチンが首位通過
グループC最終順位
1・アルゼンチン 2・オランダ 3・コートジボワール 4・セルビアモンテネグロ


大逆転での決勝T進出を狙ったアンゴラは序盤からイランに押し込まれる苦しい展開。
後半に先制もセットプレーから同点に追いつかれ、その後は両チームとも勝ち越し機を逃しドロー。
全敗では終れないイランは執念でドローに追い付き底意地の勝ち点1。

既に決勝T進出を決めているポルトガルは前半早々に2点のリードを奪い、余裕の展開。
メキシコは1点を返すも、後半の同点PKを外してしまい同点機を逃す。
ポルトガルはグループリーグ全勝で40年ぶりの決勝T進出。メキシコは4大会連続決勝T

グループD最終順位
1・ポルトガル 2・メキシコ 3・アンゴラ 4・イラン

これにより決勝T1回戦は
アルゼンチン(C1位) - メキシコ(D2位)@ライプチヒ
ポルトガル(D1位) - オランダ(C2位)@ニュールンベルグ
が決定。

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

ヴォルティスは休み

今日は日本では第23節が開催。
ヴォルティスは1クールに1度の試合なし節。
その為、前節の柏戦から24日の四国ダービーまで一週間の間があります。
"中2日"の愛媛と土曜の四国ダービーを戦うことになりますが、
この試合間隔の差が勝負にどう影響してくるでしょうか
グループAとBは
エクアドル 0-3 ドイツ
コスタリカ 1-2 ポーランド
パラグアイ 2-0 トリニダードトバゴ
スウェーデン 2-2 イングランド

ドイツがホームの利を活かし、エクアドルに大勝。グループ1位通過。
エクアドルは決勝Tに不安を残した?
ポーランドは序盤は劣勢でコスタリカに先制を許したものの、直後に追いつき
後半はポーランドペース。逆転ゴールを決めてそのまま逃げ切り。
この結果グループA最終順位は
1・ドイツ 2・エクアドル 3・ポーランド 4・コスタリカ
となりました。


両チームともグループリーグ敗退が確定済のパラグアイ - トリニダードトバゴの一戦は
ワールドカップ経験に勝るパラグアイが初出場のトリニダードトバゴを攻守に圧倒。
ケルンで行われたスウェーデン - イングランドとのグループB首位決定戦は2-2のドロー。
グループB最終順位は
1・イングランド 2・スウェーデン 3・パラグアイ 4・トリニダードトバゴ
となりました。

これにより決勝T1回戦は
ドイツ(A1位) - スウェーデン(B2位)@ミュンヘン
イングランド(B1位) - エクアドル(A1位)@シュツットガルト
が決定。 
[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループH
トーゴ 0-2 スイス
サウジアラビア 0-4 ウクライナ
スペイン 3-1 チュニジア

スイスはトーゴに快勝。グループG首位に(得失差で韓国を上回る)
トーゴは2連敗でグループリーグ敗退

ウクライナは怒涛の攻撃を見せ、サウジアラビアから4点を奪い
第一節での大敗の得失差をゼロに戻すとともに決勝T進出に望みをつなぎました。
ウクライナは独立後初出場でワールドカップ初勝利。
シェフチェンコが1得点1アシストの活躍。

スペインは前半開始早々チュニジアに先制を許すものの、
後半中盤にラウルの同点同点ゴールで追いついた直後に逆転ゴール。
ロスタイムにダメ押しのPKを決めても勢いは止まらず、試合は3-1で終了。
終わってみれば第1節ウクライナ戦で見せた、極上の攻撃サッカーを
今回も展開したスペインのスコア以上の圧勝。

[READ MORE...]

テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

グループF
日本 0-0 クロアチア
ブラジル 2-0 オーストラリア
フランス 1-1 韓国
前半、不用意なファウルで与えたPKを川口が見事なセーブ。
とは言え、昼下がりのニュールンベルグの猛暑のためか、
後半は両チームともに動きが鈍り、消耗戦になりました。
前後半を通じ、危ない場面が多く「ボクシングなら判定負け」に
なっていたかもしれない試合。
勝ち点3を取れなかったことは残念至極ですが、
負けていたかもしれない試合をドローに持ち込めた点では全くの
無ではなかったと思います。
<決勝T進出は「ブラジルに勝つ」ことが必要条件に


ブラジルはオーストラリアのパワープレーに守勢に回る時間帯も目立ちましたが、
後半開始早々にアドリアーノのゴールで先制。
日本戦と同じく先行された展開に果敢に攻め上がったものの、ブラジルゴールを割れず
試合終了間際にうまいタイミングで抜け出した途中交代のフレッジが
ポストに跳ね返ったボールを蹴り込んでダメ押しゴール。
スコア的にはブラジルの圧勝。とは言えブラジルを本気にさせたオーストラリアの
戦いは賞賛に値するものでした。
(ブラジルは決勝T進出)


フランス-韓国は前半10分にアンリのゴールでフランスが先制。
スイス戦は試合を支配するもノーゴールに終わっての
スコアレスドローだっただけに待ちに待った得点でした。
(フランスは日韓大会ではグループリーグ3試合が無得点敗退だったので、
「8年ぶり」のW杯得点)
その後もフランスはボールは支配しても点が入らず、そのまま前半終了。
後半、韓国が攻勢に出ますがこれも最後の詰めに欠いて得点できず、
しかし途中出場のアンジョンファンが豊富な運動量で活気付け
ついに後半終盤にパクチソンの絵に描いたようなループシュートが決まり同点。
追いつかれたフランスは攻勢に出るもそのままタイムアップ。
韓国は決勝T進出に向けて大きな勝ち点1、フランスはまさかの2戦連続引分け。
結果的には韓国が「得をした」ドロー

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

命運をかけた戦い
今晩22:00よりクロアチア戦があります。
(8年前はシュケルに決められ敗れる~同じ2戦目でした)
「大事な初戦をまさかの逆転負けで落とした」日本

「粘り強く戦い見せ場を作ったものの、カカの!な一撃に敗れた」クロアチア。
両国とも負け=グループリーグ敗退が決まるだけに、どちらにも負けられない試合。
日本としてはクロアチアの強力なサイド攻撃を食い止め、
僅かなチャンスを確実に活かしたいところ。

初戦を教訓に、悔いのない試合を日本に見せてほしい。

[READ MORE...]

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

第8回JFL前期第15節結果
第8回JFL前期第15節
初日(17日):
YKK AP 0-1 Honda(富山)
流通経済大 1-2 佐川印刷(日立)

最終日(18日):
アローズ北陸 2-1 栃木(五福)
刈谷 0-1 佐川大阪(刈谷)
ホンダロック 2-3 横河武蔵野(宮崎小林)
琉球 1-2 ソニー仙台(沖縄北谷)
ジェフクラブ 1-3 佐川東京(千葉東総)
ロッソ熊本 1-1 鳥取(水前寺)
三菱水島 0-1 アルテ高崎(桃太郎)


YKK APとHondaの直接対決はHondaが制する。
栃木は息切れたのか連敗。アローズは7節ぶりの白星
佐川大阪は5連勝で好調維持。ロッソは引き分け

この結果、首位YKK APとHondaが同勝ち点で並ぶことに(得失差でYKK APが上回る)。
天皇杯シード権を得るのはどこでしょうか?

テーマ:JFL - ジャンル:スポーツ

グループEは大混戦
ポルトガル 2-0 イラン
チェコ 0-2 ガーナ
イタリア 1-1 USA

ポルトガルはイランの粘り強いDFを攻めあぐねるも、後半デコの豪快なゴールで先制し、
ダメ押しのPKも決め、なんと40年ぶりの決勝T進出。
前節、メキシコに敗れているイランはグループリーグ敗退

初出場のガーナがチェコを破る~イタリア戦で沸かせた男・ギャンが試合開始直後に先制ゴール。
後半にも追加点を決めて突き放し、不振続きのアフリカ勢の中今大会初勝利。
(ギャンのイタリア戦で見られた「攻める」ことが先制点に繋がった。
日本FWも「攻める」ことを忘れないでほしい)
ミス続出のイタリアは決定機をことごとく外したばかりか、人数面での優位もいかせず、
アメリカに手痛いドロー。

この結果、
グループEは最終節までどうなるかわからない大乱戦になりました。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

対柏2回戦
徳島 1―0 柏
第一クールは手も足も出ずの完敗でしたが、
今日は1点を守り抜き、雨中の激戦を制しました。
スタメンではサプライズあり。
ただ今日もジャッジで一悶着ありましたが

ともあれ、この調子で来週は愛媛にリベンジ! ですね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。