ニコニコハイウェイ
徳島ヴォルティスを応援するブログです。 コメント、トラバ大歓迎。 ただし荒らし、いたずら、煽り、荒らしの類は勘弁。
Profile

Tada4roh

Author:Tada4roh
徳島ヴォルティスを応援しましょう!



Counter

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」



Search



Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Recent Entries



Recent Comments



Recent Trackbscks



Archives



Categories



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSS Feeds



Links

このブログをリンクに追加する



J.B.Antenna-徳島



J2対戦表



Weather Forecast


-天気予報コム- -FC2-



Affiliates









Amazon



Weblio

Weblio|辞書<国語辞典・IT用語・人名辞典>



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Weather Pixie

The WeatherPixie



Blogpet



Infoseek Ticker



Moon

Click for Tokushima, Japan Forecast



QR Code

QRコード



goo

goo



Yahoo!

Yahoo! JAPAN


spc



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループF
日本 0-0 クロアチア
ブラジル 2-0 オーストラリア
フランス 1-1 韓国
前半、不用意なファウルで与えたPKを川口が見事なセーブ。
とは言え、昼下がりのニュールンベルグの猛暑のためか、
後半は両チームともに動きが鈍り、消耗戦になりました。
前後半を通じ、危ない場面が多く「ボクシングなら判定負け」に
なっていたかもしれない試合。
勝ち点3を取れなかったことは残念至極ですが、
負けていたかもしれない試合をドローに持ち込めた点では全くの
無ではなかったと思います。
<決勝T進出は「ブラジルに勝つ」ことが必要条件に


ブラジルはオーストラリアのパワープレーに守勢に回る時間帯も目立ちましたが、
後半開始早々にアドリアーノのゴールで先制。
日本戦と同じく先行された展開に果敢に攻め上がったものの、ブラジルゴールを割れず
試合終了間際にうまいタイミングで抜け出した途中交代のフレッジが
ポストに跳ね返ったボールを蹴り込んでダメ押しゴール。
スコア的にはブラジルの圧勝。とは言えブラジルを本気にさせたオーストラリアの
戦いは賞賛に値するものでした。
(ブラジルは決勝T進出)


フランス-韓国は前半10分にアンリのゴールでフランスが先制。
スイス戦は試合を支配するもノーゴールに終わっての
スコアレスドローだっただけに待ちに待った得点でした。
(フランスは日韓大会ではグループリーグ3試合が無得点敗退だったので、
「8年ぶり」のW杯得点)
その後もフランスはボールは支配しても点が入らず、そのまま前半終了。
後半、韓国が攻勢に出ますがこれも最後の詰めに欠いて得点できず、
しかし途中出場のアンジョンファンが豊富な運動量で活気付け
ついに後半終盤にパクチソンの絵に描いたようなループシュートが決まり同点。
追いつかれたフランスは攻勢に出るもそのままタイムアップ。
韓国は決勝T進出に向けて大きな勝ち点1、フランスはまさかの2戦連続引分け。
結果的には韓国が「得をした」ドロー

今日の試合
トーゴ - スイス
サウジアラビア - ウクライナ
スペイン - チュニジア

監督が「やってらんないから、もうやめた」の、「いや、やっぱり戻るわ」だの
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060610-00000023-spnavi-spo.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060613-00000014-spnavi-spo.html
法廷闘争だの
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060618-00000040-kyodo_sp-spo.html
トーゴは試合以前に内紛でチームと言えない状態なのでは

ニュースソースは失念しましたが、出場給支払をめぐって選手が試合会場への
移動を拒否したとのニュースもあります。


ウクライナは前試合不発に終わったシェフチェンコがどれだけやれるでしょうか?
スペインは前試合で見せた流れるような攻撃をまた見たいですね。
チュニジアの粘り強いDFはスペインの攻撃をいかに止めるのでしょう
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thetimeoftheoath.blog61.fc2.com/tb.php/55-9eee2e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。