ニコニコハイウェイ
徳島ヴォルティスを応援するブログです。 コメント、トラバ大歓迎。 ただし荒らし、いたずら、煽り、荒らしの類は勘弁。
Profile

Tada4roh

Author:Tada4roh
徳島ヴォルティスを応援しましょう!



Counter

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」



Search



Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Recent Entries



Recent Comments



Recent Trackbscks



Archives



Categories



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSS Feeds



Links

このブログをリンクに追加する



J.B.Antenna-徳島



J2対戦表



Weather Forecast


-天気予報コム- -FC2-



Affiliates









Amazon



Weblio

Weblio|辞書<国語辞典・IT用語・人名辞典>



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Weather Pixie

The WeatherPixie



Blogpet



Infoseek Ticker



Moon

Click for Tokushima, Japan Forecast



QR Code

QRコード



goo

goo



Yahoo!

Yahoo! JAPAN


spc



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝トーナメント1回戦2日目
イングランド 1-0 エクアドル
ポルトガル 1-0 オランダ

イングランドはロングボールを蹴ってばかりで、
昔のキックアンドラッシュに戻ったかのような??な攻撃を繰り返していました。
エクアドルゴールを割れないばかりか、決定的な場面を作られ
一時はエクアドルに押し込まれる場面も
その中で決め手となったのはやはりセットプレー。
ベッカムがゴール下隅に鋭いFKを蹴り込み先制。
その後エクアドルは何回か攻めるも点を奪えず1-0でイングランド勝利。
面白味に欠ける試合でしたが、後半終盤にベッカムの交代で出場した
レノンは19歳ながら鋭いドリブルと思い切りの良さで、
期待を感じさせてくれました。もっと見てみたい選手ですね


下馬評では点の取り合い必至と思われたポルトガル - オランダの一戦は
終ってみれば1-0のロースコア決着。
オランダは自慢の攻撃陣がW杯本番では4試合3得点。
グループリーグのセルビアモンテネグロ、コートジボワール相手にはゴールを
決められましたが、アルゼンチン戦では無得点。
そして決勝T1回戦では先制を許し、果敢に攻めるもポルトガルDFの
粘り強い守りとGKの好守を攻め切れず、
退場者を2人出して9人で戦わねばならなかった終盤は
ロングボールをゴール前に放り込むオランダらしからぬ単調な攻撃に終始。
(荒れた試合に流麗なパスワークも鋭いサイド攻撃も不発)

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

決勝トーナメント1回戦初日
ドイツ 2-0 スウェーデン
アルゼンチン 2-1(1-1 延長1-0) メキシコ

前半開始早々にポドルスキが立て続けにゴールを決めたドイツがリードを守り切り。
スウェーデンは序盤のリードを取り返そうと攻め急ぐあまり
前半に退場者を出して残りを10人で戦わねばならなかったことと
後半開始直後に得たPKを失敗したことが痛かったです。

アルゼンチンに挑んだメキシコ~
前半開始からセットプレーでメキシコが先制。
直後にアルゼンチンがクレスポの同点ゴールで追い付く。
以後は一進一退の引き締まった試合が展開され、後半も両チーム譲らず0-0。
勝負は延長戦に持ち込まれ、延長前半にロドリゲスのゴールで
勝ち越したアルゼンチンが勝ち、2大会ぶりのベスト8。

メキシコはまたも決勝T1回戦の壁を破れず。
(あのアルゼンチン相手に退かず、互角に戦った健闘は!でした)

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループリーグ最終節結果
スイス 2-0 韓国
トーゴ 0-2 フランス
ウクライナ 1-0 チュニジア
サウジアラビア 0-1 スペイン

前後半に手堅く点を取ったスイスが韓国を下し2勝1分け、無失点で堂々の1位通過。
とにかく勝たねば後がないフランスは後半に立て続けに2点を連取しトーゴに快勝。
スイスに敗れた韓国の勝ち点4を上回る5としてグループ2位通過。
お騒がせ続けたトーゴは3戦全敗でグループリーグ敗退
グループG最終順位
1・スイス 2・フランス 3・韓国 4・トーゴ

ウクライナはチュニジアの粘り強い守りに苦しむも、
後半中盤にシェフチェンコが自ら得たPKを確実に決め、
その後のチュニジアの猛攻を耐え抜き勝ち点6でグループ2位。
既に予選通過を決めていたスペインは先発メンバーを大幅入れ替え。
前半にセットプレーから挙げた点を守り抜き1-0で勝利。
グループH最終順位
1・スペイン 2・ウクライナ 3・チュニジア 4・サウジアラビア
(韓国、サウジアラビアの敗退によりアジア勢は全チームがグループリーグ敗退。
豪州がアジア枠に転出してくるとのことですが次回大会からのアジア枠は?)

これにより決勝T1回戦は
スイス(G1位) - ウクライナ(H2位)@ケルン
スペイン(H1位) - フランス(G2位)@ハノーファー
が決定。

[READ MORE...]

テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

グループリーグ最終節
グループG
スイス - 韓国
トーゴ -フランス

グループH
ウクライナ - チュニジア
サウジアラビア - スペイン

この4試合でグループリーグ全試合は終了。
明日から決勝T一回戦が始まります。

グループHはスペインの首位通過が濃厚。
グループGがわからないですが
(ここまで2分のフランスは勝てなければグループリーグ敗退)

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループCとD
コートジボアール 3-2 セルビアモンテネグロ
オランダ 0-0 アルゼンチン
イラン 1-1 アンゴラ
ポルトガル 2-1 メキシコ

コートジボアールは2点を先制されましたが、一気に3点を奪い返し大逆転勝利。
2010年大会に向けて大きなW杯初勝利。
敗れたセルビアモンテネグロはグループリーグ全敗。
<欧州予選突破の礎となった自慢の堅守は「死のグループ」で計10失点。

オランダ-アルゼンチンは両雄とも慎重になりすぎたのかスコアレスドロー。
勝ち点では並ぶも得失差で上回ったアルゼンチンが首位通過
グループC最終順位
1・アルゼンチン 2・オランダ 3・コートジボワール 4・セルビアモンテネグロ


大逆転での決勝T進出を狙ったアンゴラは序盤からイランに押し込まれる苦しい展開。
後半に先制もセットプレーから同点に追いつかれ、その後は両チームとも勝ち越し機を逃しドロー。
全敗では終れないイランは執念でドローに追い付き底意地の勝ち点1。

既に決勝T進出を決めているポルトガルは前半早々に2点のリードを奪い、余裕の展開。
メキシコは1点を返すも、後半の同点PKを外してしまい同点機を逃す。
ポルトガルはグループリーグ全勝で40年ぶりの決勝T進出。メキシコは4大会連続決勝T

グループD最終順位
1・ポルトガル 2・メキシコ 3・アンゴラ 4・イラン

これにより決勝T1回戦は
アルゼンチン(C1位) - メキシコ(D2位)@ライプチヒ
ポルトガル(D1位) - オランダ(C2位)@ニュールンベルグ
が決定。

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループAとBは
エクアドル 0-3 ドイツ
コスタリカ 1-2 ポーランド
パラグアイ 2-0 トリニダードトバゴ
スウェーデン 2-2 イングランド

ドイツがホームの利を活かし、エクアドルに大勝。グループ1位通過。
エクアドルは決勝Tに不安を残した?
ポーランドは序盤は劣勢でコスタリカに先制を許したものの、直後に追いつき
後半はポーランドペース。逆転ゴールを決めてそのまま逃げ切り。
この結果グループA最終順位は
1・ドイツ 2・エクアドル 3・ポーランド 4・コスタリカ
となりました。


両チームともグループリーグ敗退が確定済のパラグアイ - トリニダードトバゴの一戦は
ワールドカップ経験に勝るパラグアイが初出場のトリニダードトバゴを攻守に圧倒。
ケルンで行われたスウェーデン - イングランドとのグループB首位決定戦は2-2のドロー。
グループB最終順位は
1・イングランド 2・スウェーデン 3・パラグアイ 4・トリニダードトバゴ
となりました。

これにより決勝T1回戦は
ドイツ(A1位) - スウェーデン(B2位)@ミュンヘン
イングランド(B1位) - エクアドル(A1位)@シュツットガルト
が決定。 
[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループH
トーゴ 0-2 スイス
サウジアラビア 0-4 ウクライナ
スペイン 3-1 チュニジア

スイスはトーゴに快勝。グループG首位に(得失差で韓国を上回る)
トーゴは2連敗でグループリーグ敗退

ウクライナは怒涛の攻撃を見せ、サウジアラビアから4点を奪い
第一節での大敗の得失差をゼロに戻すとともに決勝T進出に望みをつなぎました。
ウクライナは独立後初出場でワールドカップ初勝利。
シェフチェンコが1得点1アシストの活躍。

スペインは前半開始早々チュニジアに先制を許すものの、
後半中盤にラウルの同点同点ゴールで追いついた直後に逆転ゴール。
ロスタイムにダメ押しのPKを決めても勢いは止まらず、試合は3-1で終了。
終わってみれば第1節ウクライナ戦で見せた、極上の攻撃サッカーを
今回も展開したスペインのスコア以上の圧勝。

[READ MORE...]

テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

グループF
日本 0-0 クロアチア
ブラジル 2-0 オーストラリア
フランス 1-1 韓国
前半、不用意なファウルで与えたPKを川口が見事なセーブ。
とは言え、昼下がりのニュールンベルグの猛暑のためか、
後半は両チームともに動きが鈍り、消耗戦になりました。
前後半を通じ、危ない場面が多く「ボクシングなら判定負け」に
なっていたかもしれない試合。
勝ち点3を取れなかったことは残念至極ですが、
負けていたかもしれない試合をドローに持ち込めた点では全くの
無ではなかったと思います。
<決勝T進出は「ブラジルに勝つ」ことが必要条件に


ブラジルはオーストラリアのパワープレーに守勢に回る時間帯も目立ちましたが、
後半開始早々にアドリアーノのゴールで先制。
日本戦と同じく先行された展開に果敢に攻め上がったものの、ブラジルゴールを割れず
試合終了間際にうまいタイミングで抜け出した途中交代のフレッジが
ポストに跳ね返ったボールを蹴り込んでダメ押しゴール。
スコア的にはブラジルの圧勝。とは言えブラジルを本気にさせたオーストラリアの
戦いは賞賛に値するものでした。
(ブラジルは決勝T進出)


フランス-韓国は前半10分にアンリのゴールでフランスが先制。
スイス戦は試合を支配するもノーゴールに終わっての
スコアレスドローだっただけに待ちに待った得点でした。
(フランスは日韓大会ではグループリーグ3試合が無得点敗退だったので、
「8年ぶり」のW杯得点)
その後もフランスはボールは支配しても点が入らず、そのまま前半終了。
後半、韓国が攻勢に出ますがこれも最後の詰めに欠いて得点できず、
しかし途中出場のアンジョンファンが豊富な運動量で活気付け
ついに後半終盤にパクチソンの絵に描いたようなループシュートが決まり同点。
追いつかれたフランスは攻勢に出るもそのままタイムアップ。
韓国は決勝T進出に向けて大きな勝ち点1、フランスはまさかの2戦連続引分け。
結果的には韓国が「得をした」ドロー

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループEは大混戦
ポルトガル 2-0 イラン
チェコ 0-2 ガーナ
イタリア 1-1 USA

ポルトガルはイランの粘り強いDFを攻めあぐねるも、後半デコの豪快なゴールで先制し、
ダメ押しのPKも決め、なんと40年ぶりの決勝T進出。
前節、メキシコに敗れているイランはグループリーグ敗退

初出場のガーナがチェコを破る~イタリア戦で沸かせた男・ギャンが試合開始直後に先制ゴール。
後半にも追加点を決めて突き放し、不振続きのアフリカ勢の中今大会初勝利。
(ギャンのイタリア戦で見られた「攻める」ことが先制点に繋がった。
日本FWも「攻める」ことを忘れないでほしい)
ミス続出のイタリアは決定機をことごとく外したばかりか、人数面での優位もいかせず、
アメリカに手痛いドロー。

この結果、
グループEは最終節までどうなるかわからない大乱戦になりました。

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

死のグループ?
アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ
オランダ 2-1 コートジボワール
メキシコ 0-0 アンゴラ

下馬評では「死のグループ」といわれたグループCは
アルゼンチンとオランダが最終節を待たずして決勝T進出を確定。
(コートジボワールとセルビア・モンテネグロはグループリーグ敗退)

アルゼンチンは攻守にセルビア・モンテネグロを圧倒。
(いきなり1ゴール1アシストのメッシは本当に18歳!?)
セルビア・モンテネグロは旧ユーゴ時代を含めて自身のワールドカップワースト失点記録。
コートジボワールは先制点を許した直後の2失点目があまりに痛かった。
追い上げの1点(!!なゴールでした)が決まってからはオランダを追い詰める場面も見られたのですが

メキシコは果敢にアンゴラゴールを脅かすも、アンゴラはGKを中心に退場者を出しながらも
最後まで守り切り本大会初の勝ち点1を取りました。


[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

グループA確定。
エクアドル 3-0 コスタリカ
イングランド 2-0 トリニダードトバゴ
スウェーデン 1-0 パラグアイ

エクアドル、イングランドが力の差を見せて完勝。
パラグアイはまたも1点に泣くことに

この結果、ドイツとエクアドル、イングランドが決勝T進出決定。
(ポーランド、コスタリカ、パラグアイはグループリーグ敗退)

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

大差
スペイン 4―0 ウクライナ
ウクライナは全くいいところがなく、スペインの抜け目ない試合運びの妙だけが目立った試合でした。
<4点目は今日のスペインらしさが最も出た得点。

ウクライナはシェフチェンコが全く見せ場を作れませんでした。

ワールドカップの怖さを再確認できた試合。

[READ MORE...]

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。